日々、オイカワ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | comment: -- | edit

痛手 


image1.jpg


「痛て...」

峠の曲がり道。
滑り込みながら横に倒れだしたヴェスパの上をボクは跳び越え、
雨で濡れた落ち葉の土手に横たわってた。


2時間前。意気揚々とそれまでの小雨模様から打って変わり、
夏の焦げるような午後の日差しがボクとヴェスパを照らし、
金色に光る田園の道を突き進んでいた。


だが、あの高揚感は一気に冷めた。
木立に覆われた峠の薄暗さにひとり脅かされ、
まるで犬にでも咬まれたような破れた上着の袖口を
見つつ身体を起こした。


一瞬の出来事だった。
ひと月前に不注意で右カーブのガードレールにハンドルをぶつけ、
運転に対して多少なり臆するようになっていた。


直線の下り坂を走るボクの目線の先に右カーブが現れてきた。
4速から3速に落とし蜂の羽音のような
〝ブーン〟と鳴く音を立てさせ速度を抑えた。


しかし、身体は怖さを憶えているものだ。
「さらに2速まで落としたほうが安全だろう...」と
カーブ手前で疑いも無くシフトチェンジの左手を捻ったその瞬間、
ギアが噛み合うまでのニュートラルの状態で速度に勢いがついた。


要するにギアチェンジのタイミングが遅すぎたのだ。
3速のままで良かったのだろう。


あっという間に自分で制御できないものから放たれたい気持ちが全身を支配した。
フットブレーキを普段より強めに踏んでしまった。意識はしてないが。
ヴェスパではフットブレーキを一気に強く踏むと後輪がロックしやすいのだ。


案の定、初めて通る道の、更に運の無いことに
変に起伏のあるやや濡れた坂道をニュートラルのまま滑るように後輪がロックした。
転倒するには十分すぎるほどの要素が詰まっていた。


破れた箇所の服から血が滲んできた。
鼓動が止まり横になった愛する白い鉄の塊を起こしてやり、
空しさに苛まれながらも右足で数回キックを踏むと、
ボクを元気づけるかの如く息を吹き返してくれた。


少し安堵した。けれどもミラーを取り付けていたところを軸に
歪んでしまったレッグシールドが目に痛々しい。


呆然と佇んでいるボクとヴェスパの横を何事もなかったように
幾台かのクルマが通り去ってゆく。そして、しばらくするとバイクの鼓動音が聞こえてきた。
先行して進んでいたmatt さんが心配して戻ってきたのだ。


彼には悪いことをした。
今日はいつものオイカワ Fly Fishingではなく、
彼の新しい愛機の慣らしに遠慮もせずついてきたからだ。


その後、彼に傷の手当を施してもらった。
そして断ったのだが、帰路はウチまで併走で送ってもらった。


正直、独りであの山道にいたら、何かに突き落とされて爆発したい気持ちを
抑えられなかっただろう。持つべきはなんとやらである。有り難い。


*******


昨夏の出来事である。


街中は気にならないが、まだ峠を駆る気力が充たされていない。
今季はクルマで出かけることが多くなるだろうか。


今年も5月になり、方々でいい話しを聞くようになった。
またオイカワに会いたい。
あの輝く魚姿を愛でるだけで癒されるのだから。


image2.jpg
スポンサーサイト

あの頃と今 



あたりの色彩が沈みはじめた夕刻どき。宵がせまってきた。

IMG_3536.jpg


7月17日

流れゆく川に立ちこんで街の埃りっぽさと違い澄んだ空気を背中に受けていた。
そして風の音と水の匂いを感じながらその心地良さを感じていた。

今季のボクはあまり釣れていない。輝く夏色に染まったオイカワに出逢えてないのだ。
案の定、今日もオイカワで竿を撓らすことをしていなかった。
そこにコンスタントに釣っていたmatt さんが見かねて自分の場所を代わってくれた。

ハスも狙えるようフックサイズ14番のウェットで挑んでいたのだが、
「終わったな。秋のような終盤の川になってる」と川に入るなり
明らかに魚が少なくなった状態を嘆いたmatt さんが
「ウエット小さいのある?」と訊いてきた。

「あるよ...去年巻いたのだけど」

「だめだよ。これあげるよ」

と、光沢のある赤いボディに斑模様の数本のウイングを茶色のスレッドで
しっかりと留めた18番のウエットを差し出した。

「ありがとう」

数日前の豪雨で本流に広い中州ができていつもの流れと違っていた。
「流れの中央にサンドバーがあるから、そこからのかけあがりについているよ」と、
教えられた通りに流すと可愛らしいオイカワが釣れてきた。

しかし釣れたところでピタッと釣れなくなってしまった。
「地合いなのか?」と言いながら等間隔で入っていたみんなは
その場を離れそれぞれ場所を替えて散っていった。


IMG_2761.jpg


どうしようか。あまり時間もない。

相変わらず清々しい空間に身を置いているにも関わらず、
今季はどうしてあまり釣れないんだろうと心のなかが欠け始めていたボクは
中州の反対側の本流で立ちこんでやってみることにした。

そして思い出した。ウエットを初めてやったときに
一緒にいたGreen Cherokee さんに教えてもらった言葉を。
「川に垂直にキャストしてラインがターンして伸びきって釣れなかったら数歩進む」と。
そのセオリーどおりに岸に向かってキャストした。

うおさんに「ラインのテンションを張っておくんだよ」と以前指摘されたのを思い出し、
余分な弛みを注意しながら調整して流していった。

そして数歩進む。

流れゆくラインを見つめ
また進んだ。

さらに進む。

ラインがターンし終わるくらいのとき、コツッと手元に伝わるものを感じた。
大きくはないが14cmくらいのオイカワが挨拶にきてくれた。
ようやく自分でオイカワの付いている場所を見つけられ、
それから続けざまに釣れるようになっていった。
釣れる度にあまり人には見せたくないが一気に顔が綻んだ。

夕暮れの静かに流れる時間とともに日中から遊んで日焼けした腕を
惜しまず振り続けキャスティングを繰り返す。
そして流れゆくラインを見つめる──



  どうしてこんなにオイカワが好きなんだろうか。

  数十年前の子どもの頃、今は亡き父に初夏の日差しのなか、
  どこにでもありそうな国産のセダンに幼きボクは期待と楽しみに胸膨らませ乗り込み、
  川釣りに連れて行ってもらった。休日にも忙しくて会えない父と出かけることは楽しかった。

  緑恵まれた郊外のとある可愛らしい名前のついた小学校に着きクルマを停めると、
  校庭を横切りその先にある草むらを抜けると鄙びた感じの小川が佇んでいた。
  まるで宝箱を開けたように子どもの頃のボクの瞳の中へと映り込んだ。

  河原に降り立ったそのときだった。
  目の前の浅瀬に悠然と泳ぐ翡翠のような輝く緑色の一尾のサカナを目にした。
  ハッとして息を飲んだことも覚えている。なぜだかすごく心が揺さぶられた。
  そのときは名前も知らなかったが子ども心に初めて夏色のオイカワに魅入られた瞬間であった。
 
  ああ、いまでもそんな透明な気持ちでいられているのかなぁ。



──そんな憶いに耽っているとやはりラインがターンし終わるくらいで、力強いアタリが伝わった。
竿を立てるとグンと引き込まれる力。一瞬、ハスかと思った。しかしその瞬間に勢いよく横に走り始めた。


13708427_1548938825415794_6491413442770215459_o 2
(photo: mihiro


本流の強い流れに乗って魚の引きが、先日Blueheron さんに作ってもらった愛竿に
大きくさらにきれいな弧を描いていく。寄せても寄せても姿を見せないがあきらかにハスの引きではない。
さきほどまで手にしたオイカワとも違う。

ようやく竿を立てきったところに揺らいだ水面から滲むようにあの翡翠色の緑が輝いた。

「夏色だ!」

幼少の頃の夏色オイカワに対する想いを馳せ、
いま手に伝わる力強い夏色オイカワの引きがボクの気持ちを引き締めた。
竿を弧に撓らせ川に浸かっているこの時間は誰にも侵されない自分だけの貴重な時間だった。


IMG_3532.jpg


このオイカワとのやり取りを存分に味わい、ネットに収まった瑞々しい魚姿を見た瞬間、
その色彩に富んだ婚姻色の色合いに体軀の隅々にいたるまで爽快な風が走り抜けていった。
さらに擦りへった心を癒される気持ちが溢れていった。

「まだ子どもの頃の透明な気持ちを持ち合わせているんだな」と少し自嘲しつつも
いまだに変わらずオイカワの奥深き魅力に心奪われていることを再認識した瞬間でもあった。

オスオイカワとしては17cmとそう大きくはなかったが今のボクには充分であった。
なぜなら子どもの時のあの時間に戻れたのだから。


in the beginning of... 



今日の走行でOdo 6000kmを超えた。

ボクが何人めのオーナーか知るよしもないが
イタリアで走ってた頃からを加えると
もっと遥かに遠い道程を稼いできたに違いない。


FullSizeRender.jpg


6月19日

ボクのヴェスパは1963年に製造された鉄のスクーター。
当時、大英帝国で The Beatles が最初のアルバム〝Please Please Me〟を発表したころだ。
細身のスーツに長髪という出立ちは世間から眉を顰められる異端児だった彼ら。


1024px-The_Beatles_and_Lill-Babs_1963.jpg
(wikipedia/ビートルズより:1963年,スウェーデンのテレビ番組で)

暁の薄明るくなる空の下、清々しい空気を存分に味わい、
〝Please Please Me〟を心のなかで口ずさみながら幾重にも湾曲するカーブを抜き進んだ。


IMG_2845.jpg
(photo: matt)


こころなしかヴェスパの2ストの勇ましい排気音が彼らの刻む
ブリティッシュR&Bのサウンドに聴こえてくるのはボクの戯言だろう。


IMG_2938.jpg


樹々が映り込んだ硬い鉄の車体と
早朝の淡いトーンの澄み切った空のコントラストが美しいなか
目指していた彼の地に午前4時半に到着。

ポケットから取り出した煙草を燻らせながら
徐にフライの準備を始めた。


IMG_2666.jpg


今季からの新しいロッド。

7' 6'' 8pcs.という仕舞寸法が32cmになる
ヴェスパのボックスに収めることが可能なロッドをBlueheron さんに作っていただいた。
作成するにあたり、うおさんのロッドUochang specialを参考とさせてもらった。


IMG_2652.jpg


' Le Petit Poisson et Gran Lusso '

SNSでも仲良くさせて頂いているマッキーさんのブログ「Zaccoと私」からインスパイアした文言で
ヴェスパGL(Gran Lusso)があったから、Zacco Fly Fishing を始められた。そんな意味が込められている。
ボクがヴェスパ乗りを知ってか知らずか、Blueheronさんのアイディアで
イタリアントリコローレの3色飾巻きが。粋な計らいだ。

──

3回目の釣行の今日はひとりで赴いたが、この新しいアイテムに命を吹込む最初の日は、
numassanGreenCherokee さん、うおさんに立ち会っていただいた。
そのときは3人の後押しのお陰で見事な今季初のハスに早々と出逢えることができた。


IMG_2662.jpg
(2016年6月4日/パートリッジのウイングのオレンジのウエットで26cmハス)


しかし今日は渋かった。ほとんどアタリも無く早朝から2時間以上やってウエットでハス1尾、オイカワ1尾。
午前7時すぎくらいに最近ここではおなじみのHさんがやってきて
相変わらずドライでやっている姿に触発され、ボクもウエットからドライにチェンジ。
そんなに大きくはないが元気のよいオイカワとウグイがこのロッドを撓らせてくれた。

なによりも今日の良かったこと。それは、Hさんとの楽しい会話。
陽射しを浴びた川の煌めきのように穏やかな眼差しでフライへの想いを語ってくれたあの表情。
貧果に渇き始めていた心を優しく癒してくれた。


IMG_2514.jpg


午前10時にヴェスパに跨がり帰路につく。天気が良いので何台ものバイクに遭遇した。
峠道を攻める現代の快適な鉄馬たちのなかに交じる鄙びたイタリアのシティコミューター。
正に60年代を駆け抜けて行った4人の異端児同様、颯爽と走る彼らから見たらGLも異端なんだろう。

連なるバイクとクルマのなかでクラシックな鼓動音を鳴り響かせ、
GLは初夏の風とともに山道を下ってゆくのであった。


日々、オイカワとして 



R0022468.jpg


いつもの〝馴染み〟の仲間が集まる。

気取りなくお互いを慕いあいオイカワに魅了されバイクとフライフィッシングを愛する、
そんなひそやかな熱気を携えたボクらは初冬の空気を滲ませ始めたGLお気に入りの〝いつもの川〟に降り立った。


11月23日


数日前の陽気とはうってかわり、曇天の如何にも溜め込んだ雨水を
その口から吐出そうとする、そんなグレイッシュな雲がボクらの頭上を覆いつくしていた。


R0022446.jpg


この天気、この寒さだ、反応ないだろう。
そう思ってボクはみんなの姿を川辺の石に腰かけゆっくり眺めていた。

川幅の広いこの川に集まった8人が目に映る川辺の端から端へと
ポツリポツリとお互いを干渉しないふうに立ちこんで思い思いに竿を振っていた。

「みんな苦戦しているようだ…」と思いきや、反応はあるらしい。ただフッキングが悪いようだ。
それでもオイカワの居着く場所を見つけた仲間たちは(どうやらオイカワたちは流れの大きい筋を避け
比較的に緩い流れの脇の筋に小さく群れを作って潜んでいたようだ)これまたポツリポツリとながらも
オイカワたちの感触を楽しんでいた。

それを見てさすがのボクも川に入ってみたいという細やかながらも滾るものを
心の奥底から感じていた。

────

ここに来るのは5月上旬以来。久しぶりというにはあまりに疎遠になったこの川を
もう〝いつもの川〟とボクは呼んではいけないような気がしていた。

じゃあ、釣りをしていなかったのか?って、そうじゃない。
今季はこの仲間たちと驚くほどの力強いハスたちや渓魚かと思うほど
大きく育ったオイカワたちの集まるとある場所へ数多く出かけて行ってたのだ。


スクリーンショット のコピー


あまりに行き過ぎてたこと。その場所は大切な友達が大事にしている場所。
だから段々とブログとして記事にするのを躊躇して更新するのを止めてしまったのだ。


vespa.jpg
(all photo by Nさん)


振り返ってみると全てが楽しかった。愛車であるヴェスパGLを初夏の爽やかの風のもとで走らせ、
時には見事に降られた雨に打たれ滑る路面を駆けていった。跨がるヴェスパの鼓動を身軀に感じつつ、
これまでにない世界感に魅了され目の前の景色とともに過ぎ去っていった。


R0022273 のコピー
──20年前〝Zacco Fly fishing〟という言葉がなかった時に初めてオイカワフライフィッシングを試したSAGEの8ft 4番ロッド。
そのときは全く釣れなかった。しかし今季、長い時を超えてとある場所にて婚姻色を纏ったオスオイカワにようやく出逢えた。
なんとも感慨深い瞬間であったことは言うまでもない。


最近、友達はボクのことを〝不埒者〟と呼ぶ。何故かってあまり竿を振らないからだ。
それは釣りがひとつのピースに過ぎなくなってしまっている今のボクの気持ちの表れからだろう。
もちろん釣れたほうが楽しいは分かっている。でもこの仲間たちと集い過ごす時間、
綻んだ顔で交わす会話、それが嬉しいのだ。

〝いつもの川〟に立ちこみ、晩秋の風に頬を撫でられ、
ラインを空中に飛ばしながらそんなことを思い、考えに耽っていた。

そして、しばし川と独り向き合う時間を楽しんだ。
浮かび去るドライフライを見つめたり、ターンして筋に入り込むラインの先に結んだウェットが
沈んであろう流れを眺めたり、足元を水で浸し独り川と一体になるこの感覚が非常に心地良い。


R0022465.jpg


結局、この日のボクにはオイカワは挨拶してくれなかった。
それでも心を和ませる貴重な時間を今回も過ごせたことは言うまでもない。

そして冷えはじめた体を癒すよう川から上がり、
わずかな釣行となった今季の〝いつもの川〟を見つめ、
やがて訪れる冬の風景を想いつつ仲間たちの集まるもとへと
引き上げていくのであった。








*******

最後の句点をキーボードで打ち終え、煙草を吹かしに深夜の扉をあけ外に出てみた。
路上は驚くほどの濃い霧に包まれていた。それまで瞬いていた夜空の煌めく星は消え失せ、
蒼白い月と立ち並ぶ街灯のあかりがどちらが月で街灯かが分からなくなるくらい朧いでいた。

唇から旅立つ煙草の煙が霧にまぎれ見分けがつかない
街なかにしては音の無い白っぽい闇夜の空のもとで燻らす煙をしばし愉しんだ。

しばらくして短くなった煙草の火を消し、凍てつく空気に包まれながら部屋に戻った。
気づけば午前3時。そろそろ休むことにしよう。

終わりの季節が来てしまった。再度、仲間たちとかけがえのない時間を過ごせることを願おう。
それでは来季、目覚めた時にまたお会いしましょう。

IMG_0762.jpg
(photo by mihiro さん)




ギアオイル交換の休日 



0:R0021754 のコピー


6月7日

今週はZacco Flyはお休み。いつもお世話になっている世田谷のJungle scootersに行ってきました。
普段からいろんなところへ駆けだしてくれたVespa 150GL。ありがとう。たまには労ってあげないとね。


1:R0021719 のコピー


この日はメカニックのKさんにオイル交換をしていただきました。
今後自分でも交換できるよう教えていただいたので備忘録として記事にしておきます。
何故って? このブログの主役は実はベスパなんですよ(笑)


2:R0021735 のコピー


Snap-onの11番のレンチを使います。


3:R0021720 のコピー


最初にギアオイル排出口のオイルドレンボルトを外します。


4:R0021723 のコピー


糸をひくようにオイルが出てきました。うちにやってきてから4年ほど。今だ未交換(汗)
といっても3500kmくらいしか走行してないけどね。3000km毎に交換が望ましいのです。


5:R0021733 のコピー


200cc入っているんだが、今回100ccしか出てこなかった。
でもオイルがでなくてカスカスだったら良くないけど、これくらいならまだ大丈夫だそう。


6:R0021728


排出後に、WAKOS スーパージャンボPLUSで油脂類の洗浄します。
キレイになるって見ていてとても気持ちがいい。


7:R0021731


オイル排出口に付いていたオイルドレンボルトと紙のワッシャー。


8:R0021734 のコピー


紙ワッシャーは2、3回使えるそうだが今回新品にしてもらった。


9:R0021740 のコピー


オイル排出口のほうのオイルドレンボルトを取り付けます。


10:R0021736 のコピー


オイル注入口のほうのオイルドレンボルト。OLIOという刻印が入ってます。


12:R0021743


オイルドレンボルトを外します。


14:R0021756 のコピー


ギアオイルにはWAKO'S TT-40 20W-40を使用。鉱物系のもののほうが滑らなくて旧車には良いそうです。
Jungle scooterさんはこだわりが深いので安心してベスパに乗ることができます。


15:R0021744


オイルを注入します。


16:R0021749


溢れたところで注入を止めます。


17:R0021751


またオイルドレンボルトを取り付けて完了。


18:R0021753


今回のオイルを交換のおかげで、特に3速から4速のギアチェンジが、
これまで「ガックン」だったのが「カッ!」と心地よい音を響かせ変速するようになった。
もっと早くやっておけばよかった。これからは3000kmに関わらず1年に一回は替えてあげたいな。
なぜってもう52年も前に作られたベスパだから。できる限り大事にしてあげたい。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。