日々、オイカワ

痛手 


image1.jpg


「痛て...」

峠の曲がり道。
滑り込みながら横に倒れだしたヴェスパの上をボクは跳び越え、
雨で濡れた落ち葉の土手に横たわってた。


2時間前。意気揚々とそれまでの小雨模様から打って変わり、
夏の焦げるような午後の日差しがボクとヴェスパを照らし、
金色に光る田園の道を突き進んでいた。


だが、あの高揚感は一気に冷めた。
木立に覆われた峠の薄暗さにひとり脅かされ、
まるで犬にでも咬まれたような破れた上着の袖口を
見つつ身体を起こした。


一瞬の出来事だった。
ひと月前に不注意で右カーブのガードレールにハンドルをぶつけ、
運転に対して多少なり臆するようになっていた。


直線の下り坂を走るボクの目線の先に右カーブが現れてきた。
4速から3速に落とし蜂の羽音のような
〝ブーン〟と鳴く音を立てさせ速度を抑えた。


しかし、身体は怖さを憶えているものだ。
「さらに2速まで落としたほうが安全だろう...」と
カーブ手前で疑いも無くシフトチェンジの左手を捻ったその瞬間、
ギアが噛み合うまでのニュートラルの状態で速度に勢いがついた。


要するにギアチェンジのタイミングが遅すぎたのだ。
3速のままで良かったのだろう。


あっという間に自分で制御できないものから放たれたい気持ちが全身を支配した。
フットブレーキを普段より強めに踏んでしまった。意識はしてないが。
ヴェスパではフットブレーキを一気に強く踏むと後輪がロックしやすいのだ。


案の定、初めて通る道の、更に運の無いことに
変に起伏のあるやや濡れた坂道をニュートラルのまま滑るように後輪がロックした。
転倒するには十分すぎるほどの要素が詰まっていた。


破れた箇所の服から血が滲んできた。
鼓動が止まり横になった愛する白い鉄の塊を起こしてやり、
空しさに苛まれながらも右足で数回キックを踏むと、
ボクを元気づけるかの如く息を吹き返してくれた。


少し安堵した。けれどもミラーを取り付けていたところを軸に
歪んでしまったレッグシールドが目に痛々しい。


呆然と佇んでいるボクとヴェスパの横を何事もなかったように
幾台かのクルマが通り去ってゆく。そして、しばらくするとバイクの鼓動音が聞こえてきた。
先行して進んでいたmatt さんが心配して戻ってきたのだ。


彼には悪いことをした。
今日はいつものオイカワ Fly Fishingではなく、
彼の新しい愛機の慣らしに遠慮もせずついてきたからだ。


その後、彼に傷の手当を施してもらった。
そして断ったのだが、帰路はウチまで併走で送ってもらった。


正直、独りであの山道にいたら、何かに突き落とされて爆発したい気持ちを
抑えられなかっただろう。持つべきはなんとやらである。有り難い。


*******


昨夏の出来事である。


街中は気にならないが、まだ峠を駆る気力が充たされていない。
今季はクルマで出かけることが多くなるだろうか。


今年も5月になり、方々でいい話しを聞くようになった。
またオイカワに会いたい。
あの輝く魚姿を愛でるだけで癒されるのだから。


image2.jpg
スポンサーサイト

ギアオイル交換の休日 



0:R0021754 のコピー


6月7日

今週はZacco Flyはお休み。いつもお世話になっている世田谷のJungle scootersに行ってきました。
普段からいろんなところへ駆けだしてくれたVespa 150GL。ありがとう。たまには労ってあげないとね。


1:R0021719 のコピー


この日はメカニックのKさんにオイル交換をしていただきました。
今後自分でも交換できるよう教えていただいたので備忘録として記事にしておきます。
何故って? このブログの主役は実はベスパなんですよ(笑)


2:R0021735 のコピー


Snap-onの11番のレンチを使います。


3:R0021720 のコピー


最初にギアオイル排出口のオイルドレンボルトを外します。


4:R0021723 のコピー


糸をひくようにオイルが出てきました。うちにやってきてから4年ほど。今だ未交換(汗)
といっても3500kmくらいしか走行してないけどね。3000km毎に交換が望ましいのです。


5:R0021733 のコピー


200cc入っているんだが、今回100ccしか出てこなかった。
でもオイルがでなくてカスカスだったら良くないけど、これくらいならまだ大丈夫だそう。


6:R0021728


排出後に、WAKOS スーパージャンボPLUSで油脂類の洗浄します。
キレイになるって見ていてとても気持ちがいい。


7:R0021731


オイル排出口に付いていたオイルドレンボルトと紙のワッシャー。


8:R0021734 のコピー


紙ワッシャーは2、3回使えるそうだが今回新品にしてもらった。


9:R0021740 のコピー


オイル排出口のほうのオイルドレンボルトを取り付けます。


10:R0021736 のコピー


オイル注入口のほうのオイルドレンボルト。OLIOという刻印が入ってます。


12:R0021743


オイルドレンボルトを外します。


14:R0021756 のコピー


ギアオイルにはWAKO'S TT-40 20W-40を使用。鉱物系のもののほうが滑らなくて旧車には良いそうです。
Jungle scooterさんはこだわりが深いので安心してベスパに乗ることができます。


15:R0021744


オイルを注入します。


16:R0021749


溢れたところで注入を止めます。


17:R0021751


またオイルドレンボルトを取り付けて完了。


18:R0021753


今回のオイルを交換のおかげで、特に3速から4速のギアチェンジが、
これまで「ガックン」だったのが「カッ!」と心地よい音を響かせ変速するようになった。
もっと早くやっておけばよかった。これからは3000kmに関わらず1年に一回は替えてあげたいな。
なぜってもう52年も前に作られたベスパだから。できる限り大事にしてあげたい。

ベスパに乗ってみよう 



毎日暑いですね。アスファルトの照り返しが強い。
樹々もさぞかし暑かろう。

R0018139.jpg


気がついたら先々月末からベスパを動かしてなかった。
ひと月エンジンをかけてなくてもどうってことないと思いつつ気になってしまう。


〝そうだ、ベスパに乗ろう!〟


でもせっかくなんでみなさんにGLのGLを紹介することにします(←ややこしいね)
ボクのベスパは1963年(farwater さんと同じ昭和38年!)にイタリアで製造されたPiaggio Vespa 150 GL。
このPiaggio(ピアッジオ)社はもともと船舶・鉄道・航空機を造っていた会社。
1923年にはオリジナル設計の戦闘機やローマとバルセロナ間の航空路線会社を造ったり。
日本に置き換えると川崎重工みたいな企業体でしょうか。

敗戦により平和産業へ転換。
モノコックボディにエンジンを収納した大量生産できるスクーターを造るようになったんですね。


R0018146.jpg
R0018095.jpg
R0018096.jpg
R0018097.jpg


CLD Vespa TECNICA 2 1956/1964(p159からp165より)

ベスパ初の角目(イギリスでは台形と言われているらしい)ライトが印象的ないかにも60年代なデザインですね。
これ以上の詳細は購入店のブログ「密林商會報」をご覧ください。ボクより店主Fさんが詳しいので。。。


*******

さて前置きが長くなりましてスミマセン!
いっしょに動かしてみましょう。


R0018053.jpg


おっと!そのまえに最近クラッチレバーの根本が緩んでたので、
増し締めします。


R0018056.jpg
R0018060.jpg


旧いベスパにはセルがありません。キックでエンジン始動です。


R0018063.jpg


まずは銀色の燃料コックのつまみを上に起こして、
黒いつまみのチョークを引き出します。


R0018065.jpg


そのときアクセルグリップのアクセルは閉じた状態にします。


R0018064.jpg


キックに足をかけ踏み込むとこのGLの場合、3、4回のうちでかかります。


R0018066.jpg


ちなみに走行後のエンジンが暖まっているときはチョークを引かず、
アクセルグリップをふかしてキックするとかかります。
また2速に入れてクラッチを切り思いっきり自走してスピードがでたら
アクセル拭かすと同時にパッ!とクラッチを離してエンジンかける〝おしがけ〟っていう手もあります。


R0018068.jpg


「タン、タン、タン、タン……!」2ストらしい勇ましい音をたて、
ひと月以上あけていたのに関わらず4回めでかかりました。問題ないですね。
かかったらチョークを元に戻します。

常にライトオンしてますが昨今のLEDとは比較にならないほどの微弱な灯火が。。。


R0018085.jpg


さぁ、シートに跨がってください。
ここからがベスパの醍醐味のはじまりです。

オートマではありません。マニュアルです。しかもハンドグリップギアチェンジ。
ある意味、走るための儀式かもしれません。
これが不思議な感覚。人間味がある機械の良さを感じますよ。


R0018069.jpg


これがニュートラル。エンジン掛けるときもこの状態です。


R0018070.jpg


クラッチレバーを手前にひき、クラッチを切ります。
切った状態で手首を時計の3時の方向から2時の方向くらいにあげると、
「ダーン!」と振動と音を響かせ1速にギアが入ります。


R0018072.jpg


次にアクセルグリップを時計の3時の方向から1.5時くらいの
3、4割くらいの拭かし状態でクラッチをゆるっと離すと動きだします。
意外にトルクフルなベスパなんで、思いっきり拭かしちゃうと平気でウィリーします。
(別のベスパでしたことあります)


走り出すとさすがに1速はエンジンブレーキが強いのである程度加速したら2速に替えましょう。
いったんアクセルを戻して、今度は握ったグリップを下げニュートラルを通過してチェンジしてゆきます。


R0018073.jpg


だいたい低速時は2速ですが、だんだん速度が増してきました。3速に替えましょう。
同じようにアクセルを戻し一度クラッチを切り、グリップダウンしてギアチェンジして
クラッチを戻しアクセルを加えてゆきます。


R0018074.jpg

R0018075.jpg


3速、4速のハンドルの状態です。

ギアチェンジのコツは速度に見合ったギアチェンジをすること。
低速なのに無理に4速にしたり、特にシフトダウンは完全停止してからギアチェンジは
故障の原因になるので避けたほうがいい。
停止時はニュートラルか1速でクラッチを切るのが望ましい。
もし間に合わなくて3速で止まったら、ゆっくり拭かし気味で3速のまま始動しましょう。


R0018051.jpg


今から60数年前の1951年、パリに近いモンレリーサーキットで125ccのベスパに乗る
テストライダーのディノ・マッツォーニが171km/hを出したという記録が残ってますが、
ちなみにボクのGLはそんなにでません(笑)40、50km/hでのんびりいきましょうよ。
でもどこかにその血統が見え隠れを思わせるような走りをしてくれます。(と思いたい)


R0018089.jpg


いい感じに走っているじゃないですか!

歯切れのよいエキゾーストノートが心地よいですね。
そして往時のイタリアに想いを馳せながら風を切って東京の街を駆けてゆきます(笑)
でもこの瞬間がたまりませんね!


R0018081_201407312047513a0.jpg


走ったら止まりますね。
右のレバーは前輪ブレーキです。使い方は自転車と同じ。


R0018083.jpg


後輪ブレーキは右足下にあります。効き具合は前より遥かに効きますが、
おもいっきり踏むと後輪がロックしてしまうので、まるべく前ブレーキとエンジンブレーキをつかい
速度を調整すれば安全に走行できます。いずれにしろスピードの出し過ぎはよくないですよね。


R0018093.jpg


最後に停まったらエンジンの止め方です。
右ハンドルにちいさい黒の押しボタンがあるのですが、
これをエンジンの音が静まるまで押します。「ブルルルゥ〜……」とあっさりと停止。


R0018142.jpg


たぶんfarwater さんかGreen Cherokee さんくらいしか反応してくれないと思いますが、
でも一度紹介したかった!

現代の最新のバイクやHV車も良いですが、こういったクラシックなものにこそ
実は人間の本来の愉しさを享受してくれるなにかがあるとボクは思います。
クラシックななかにモダンなものを見つけるのがボクのなかのテーマです。
それは中世から続いているフライフィッシングも同じですね。


と最後は強引にフライにまとめて次回はやはりフライの記事を書きますね。
ちなみにボクのGran LussoはこのVespa 150GL(Gran Lusso)から拝借してます。
長々とおつきあいください有り難うございました!