日々、オイカワ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | comment: -- | edit

さぁ、エンジンをかけ走りだそう 



共有する時間
一人ではないという楽しみ方

1/R0021151
(左・NさんのADIVA AD125 右・Gran Lussoの ’63 Vespa 150GL)


5月7日

夜明け前。
「タン、タン、タン、タン…」2ストのベスパ特有の勇ましい羽音を響かせ、
月明かりの道を突っ走ってゆく。Nさん宅へ午前4時に到着した。

今日は峠道を駆け抜け、遠くの里川を巡るのだ。
我が「Vespa 150GL」も久しぶりの往復120kmのツーリング。
ヴィンテージベスパにとってはちょっとした冒険気分だ。


2015051403371206c_20150514135723a62.jpg
(photo: Nさん)


夜が明け始めた。

あたりが青白っぽい朝の清々しい空気に包まれてゆく。
先行して案内してくれたNさんが峠道に入る手前に「ここからずっと一本道ですから」と、先を譲ってくれた。

身を引き締める思いで先を進んだ。
そして、出くわしたコーナーでは、前ブレーキ・後ブレーキを上手く使いわけ、
減速して4速から3速へシフトダウンさせる。エンジンブレーキの振動が細かく軀体を伝わる。

普段はフワフワとして乗り心地がよいベスパのサスペンションも峠道のカーブでは今ひとつの踏ん張り。
体全体でしっかりバランスを保ながら体を傾けてゆくとコーナリングも実はけっこう楽しい。

6.25馬力はあると言われる「Vespa 150GL」も非力感否めないコーナーでの急勾配な登り坂。
3速から2速へシフトダウンしてエンジンをぶんぶんとまわすとそれでも小気味良く駆け上がってくれた。
〝60年代のスクーターといっても侮れないぞ!〟と己を鼓舞する気持ちでコーナーを攻める。
全身で感じる加速感と同時に、心の中では何か無性に誇らしい気持ちになってきた。


3:R0021096


午前6時。
まだまだ走り足りない気分ではあったが、現地到着。ヤマメでも出そうな里川の渓相だ。
ここはNさんが今季注目しているエリアでも特に大型のカワムツが潜んでいるという。
Zacco Fly Fisherにはたまらないポイントなのである。


4:R0021079


朝の爽やかな空気のなか、開始早々に活性のよいカワムツを存分に味う。


5:R0021094


おやおや? 予報とは異なり突然降り出した雨。


6:R0021093


おいおい。だんだんと本降りのようになってきたぞ。


7:7041066_n
(photo: Nさん)


ふたりして「気にしないで続けましょう」と言ってみた(笑)


8:R0021118


小さい小さいカワムツも貪欲にかかります。
60年代の我がリール「Hardy Bros The Flyweight Silent Check for Abercrombie & Fitch」と記念撮影。


9:R0021099


そして15cmは越えるいいサイズも。
雨と魚のヌメリでほぼ水没したドライフライを諦め、
新しくピンピンに乾いたドライフライに替えて同じ水流にドリフトさせたら〝ガツン〟と派手に出た。
しかもカワムツ独特のトルクのある走り。心躍る瞬間である。


10:R0021115


釣り上がりきったので、いったん道路に出て今度は下流へ向います。
道沿いには色とりどり咲き乱れたツツジの庭園が目を楽しませた。


11:S


今度は下流からスクーターを停めているところまで釣り上がり開始。
先行のNさんのロッドBlue Heronが気持ちよく撓っているので、気になって近寄ってみると、


12:R0021123


おーー! 16cm、17cmサイズのカワムツが。しかもオイカワも混ざっているし!


13:R0021127


木陰の向こうに大型のライズがあってそこまでキャスト。
Nさんはこの堰上に足は入れない。入れると波紋が水面を伝わり大型は沈黙してしまうとのこと。


14:0227417_o


「GLさんもどうぞ」譲っていただいたがどうしてもキャスティングが届かない。
仕方ないので波立たせないように足を踏み入れてみたが、
手前に水はどんどんと流れるのに、波って上流へ伝わるんだね。それは小さい波紋だった。でも広がっていった。
Nさんが教えてくれたとおり大型は散ってしまったみたい。釣れても13cmとかノーマルサイズばかり!


15:R0021133


似たような場所でもやってみたが、今度はアワセミスを2回!
「いまのデカかったよ〜」とNさんに教えてもらったり。でもそのあとは13cmとか11cmとか。
大型は最初に仕留めないとダメだね!けっこうスリリングな釣り。これは楽しい!


16:R0021137


午後12時半。
気づけば雨は上がり夏のような汗ばむ陽射し。前半を終了。
今度はインレットの大型オイカワを狙いに行きます。


17/R0021138


我がGLは快調そのもの。
ベスパに跨がる振動と全身に受ける風に、身も心も酔いしれる瞬間。

湖畔にスクーターを停め、ここではNさんが先週に16cmのオイカワで賑わったというので、
ウエットで攻めてみますが、アタリがこない。。。


20/R0021161


上流にオイカワ達が移っているかもしれないということで、
釣り上がるがアユばっかり!


21:R0021160


さっきの川だけで40尾以上は釣っているのにようやくのカワムツ1尾め。
しかもオイカワ狙いで入渓したのに、オイカワじゃないし(笑)


23/R0021174

ということで諦めてさっきのインレットに戻ってきました。
結構な水流が2本あってそれがクロスしたその脇にウエットで流してみます。
(ちなみに昨年のハスMeetingのときGreen Cherokee さんからいただいたウエットを使用)

ゴツゴツともアタリもせず、リトリーブしてゆくと掌に重みを感じ始めました。
そうすると今年初のハスが釣り上がることに。きれいな銀色の魚姿ですね。


25:R0021185


もちろんNさんにも来ましたよ。
余裕で16cmはある、しかも丸々と体高のある見事なオイカワ!羨ましい!
ふたりともようやく得た獲物ににんまりです。

そしてその後、粘っていたGLのロッドにも重くてゴツゴツしたアタリが。
さっきのハスとは比べ物にならないくらい活きのいい撓り。
水面から顔を覗かせたのは16cmクラスのデカいオイカワでした!

Nさんに「オイカワだよ!オイカワ!やった!」とか
ごちゃごちゃ嬉しそうに話していたら、「フッ」と重みが無くなってしまいました。
そうです、バレてしまったのです(残念)

その後も続けてみましたが、アタリはでず。
午後5時すぎ納竿。


26/Rz0021153


Nさん、今日はアテンドしていただきありがとうございました。

奇しくも新旧違えど各々こだわりのラテンの乗り物に跨がり、
ZaccoのFly Fishingに心奪われた風変わりなこの二人が名付けた、

〝イタリアンスクーターズ・ツ(釣)ーリング〟

Scooter TouringもFly Fishingもこの上ないほど充足感に浸れました。
近いうちにまたやりましょう!


*******

※最初の導入文はNさんの言葉を引用させていただきました。
重ねてお礼申し上げいたします。GL

スポンサーサイト

晩秋の素敵なおくりもの  



まばゆい日差しに照らされた心に残るプレゼント

R0019569.jpg


11月23日

晩秋の清々しい空気の中、
ナシオさんといっしょに再びいつもの川の支流へ赴いた。

実はこの日、ナシオさんから〝すてきなおくりもの〟を戴いたのだ。
それはランディングネットである。


R0019540.jpg
左・渓流ネット。右・オイカワネット。


ナシオさんが栃の木材を切り出しから制作されたフレーム
その印された木目に見惚れてしまい、思わず支流の景観と重ねてみた。
そして、しばしその美しさを愉しんだ。

さらに今日は支流を熟知されているNさんも参加。
しかも集合前にいつもの川の堰下で竿を振ってみたら、
良型のオイカワが入れ食いという報告のメールをいただいた。


R0019543.jpg


期待は増すばかりであったが、こちら支流では生命反応がない。。。
numassanポイントにも反応なし。先週に比べるとずいぶん減水している影響か。


R0019547.jpg


Nさんに「上流へ行ってみましょう」と促され移動。
こちらもなかなか良さそうな景観である。しかしここもアタリがない。


R0019549.jpg


さらに移動。オイカワの群れを確認。
ナシオさんにトライしていただく。ヤマメでも出てきそうな渓相だ。


R0019548.jpg


と、そのとき堰の上に立っていたNさんが
「パーマークだ。ヤマメがいるよ」って。橋桁についていたみたいで、
ボクが覗こうとした時には残念ながら泳ぎ去ってしまっていた。


R0019554.jpg


さっきの場所ではなかなか乗らなかったので、さらに上流へ。
ここでナシオさんのロッドが撓る。その笑顔に安堵するGL。


R0019559.jpg


Nさん曰くここは鉄板ポイント。いいシーズン中ではかならず結果がでるそう。

岸から缶コーヒーで休憩していたGLも
いただいたネットを揺らさなければならぬと決意し、ロッドを振ることに。


R0019558_20141209002921a34.jpg


最初の訪問者・6cmのカワムツ。
あまりにささやかであるが入魂を完了(笑)


R0019561.jpg


堰まわりでバイト。ほどなくして10cmのカワムツを捕らえることができた。


R0019568.jpg


その後は下流部へ戻り、この瀬に多数のヒラを打つ雑魚達を発見。
3人とも期待を胸に川に降り立ってトライしてみることに。


R0019575.jpg


的確なアプローチとプレゼンテーションで
Nさんは着実にオイカワを釣り上げていた。さすがです!


R0019577.jpg


ボクはというと、なかなか乗らなくて苦戦していた。
これをやっと釣り上げるがなぜか後が続かない。


R0019572.jpg


仕方ないので〝空飛ぶカワムツ〟を堪能(笑)


R0019578.jpg


先週良かったポイントも小さいのがいるくらいでほぼ沈黙。


R0019581.jpg


ナシオさんは着々と釣果を上げて、
オイカワもカワムツも堪能できたようでGLもひと安心。


R0019560.jpg


今回は前回に比べると渋い反応をみせたいつもの川の支流。しかもボクだけカワムツのみ。
オイカワマニアとして少々ストレスが残る結果だが、
この愛おしいナシオ印オイカワネットが心地よさを高めてくれた。

ナシオさん、大事に使わさせていただきます。

ありがとう。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。