日々、オイカワ

マルタウグイに会いに 



気の置けない仲間達と春の訪れを愉しむことにしました。

R0020259.jpg


〝マルタが遡上している〟
そんな声が届くようになりました。

ボクはマルタを見たことがありません。
そこで「 明日行きませんか?」と思いつきでnumassanにお誘いしてみると、
すでに噂のTNK新人〝うおさん〟とマルタ釣行予定とのこと。
ごいっしょさせていただきました。


3月14日

20年以上も触れたことのない#3ロッドをひっぱり出し、
休日のベスパの鼓動を感じつつ川に向けて駆けだしました。


R0020216.jpg


小一時間走ったのち、ようやく目的の川が見えてきた。
過ぎ行く河辺の景色を眺めると気分が浮き立ちます。

到着した橋の上から川を覗くと、うおさんらしき方がいらっしゃったので、
「うおさん!」と声かけすると気づいてくれて挨拶をしてくれました。

既にブログでコメントのやり取りをさせて戴いているので
とても初対面には思えないなんとも不思議な感覚ですね。


R0020221.jpg


川に降り立つとnumassanはもちろん、mihiro さんもいらっしゃってました。


R0020222.jpg


先に始められていたみなさんはすでにマルタを釣り上げたとのこと。
mihiroさんはGLより少し前に着いたのにも関わらず、あっという間にマルタをヒット。
いつもながら素晴らしい腕前なのであります。

numassan、mihiroさん、そしてうおさんと改めて挨拶を交わし、
川の状況に目をやると鯉とまじって淵のなかでウヨウヨといました、数十匹のマルタウグイが。

早速、GLも赤いマラブーを付けてキャストしてみた。
しかしその存在すらマルタに否定されるが如くマラブーが沈みながらただ漂って、
みなさん気にもとめてくれない。。。なんか傷つくなぁ(笑)


R0020227.jpg


mihiro さんが「瀬でやるのがいい」ということで、numassanは瀬に降り立ちキャストしています。


R0020249j.jpg


mihiroさんはヘチ釣りのように岸の上から攻めてゆきます。

瀬に上がったマルタは産卵行動でかなり昂奮気味でフライに向ってくるらしい。
まだ竿を撓らせてないGLもmhiroさんにポイントを譲っていただき岸からトライします。


R0020257.jpg


ちょうど夕刻を告げる鐘の音が響き、さらに曇りだった天気に夕陽の光が差し込み水面が煌めきます。
そこへ産卵のためのマルタたちが次々に瀬を遡上してきました。

40、50cmのマルタが数匹並んで口を大きく開け全身全霊を傾けて
身体をふるわせて産卵する姿はちょっと見物でした。

「これは釣れるよ!」とうおさんに言っていただき、俄然ファイト。
しかし不肖GLの下手クソなアプローチではマルタを捉えることができません。
それでもスレで一瞬かかることが5回ほどあり「ああ…」とため息。

竿から来る手応えとしては全てマルタが尾でマラブーを払ったときに
浅いスレかかりで引っ張られている感じでした。まだまだ修行がたりませんね。


IMGP5909.jpg
(photo: mihiro さん)

GLがひとり遊びしている間に下流でnumassanが鯉をヒット。
鯉独特のものすごいトルクのある引きにこれ以上いかないと言わんばかりに竿を撓らせています。


IMGP5921.jpg
(photo: mihiro さん)

15分以上の格闘の末、観念ついた獲物は48cm※の見事な魚姿でした。


IMGP5958.jpg
(photo: mihiro さん)

その後、numassanの奮闘ぶりにスイッチが入ったうおさんが
待望の口がけでのナイスサイズのマルタをヒット!
みんなが自分のことのように喜んだところで竿を納めました。


R0020271.jpg


久しぶりの仲間たちとの釣行。
新しい出会いもありボクは釣れはしませんでしたが、時間を忘れ楽しむことができました。
numassan、mihiro さん、そしてうおさん今日は有り難うございました。


*******

えっ? 一本ロッドが多いって。
もちろんオイカワもやってみましたよ!
あえなく撃沈ということは言うまでもありません。

本格的な春よ早く来い!

スポンサーサイト