日々、オイカワ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | comment: -- | edit

ベスパに乗ってみよう 



毎日暑いですね。アスファルトの照り返しが強い。
樹々もさぞかし暑かろう。

R0018139.jpg


気がついたら先々月末からベスパを動かしてなかった。
ひと月エンジンをかけてなくてもどうってことないと思いつつ気になってしまう。


〝そうだ、ベスパに乗ろう!〟


でもせっかくなんでみなさんにGLのGLを紹介することにします(←ややこしいね)
ボクのベスパは1963年(farwater さんと同じ昭和38年!)にイタリアで製造されたPiaggio Vespa 150 GL。
このPiaggio(ピアッジオ)社はもともと船舶・鉄道・航空機を造っていた会社。
1923年にはオリジナル設計の戦闘機やローマとバルセロナ間の航空路線会社を造ったり。
日本に置き換えると川崎重工みたいな企業体でしょうか。

敗戦により平和産業へ転換。
モノコックボディにエンジンを収納した大量生産できるスクーターを造るようになったんですね。


R0018146.jpg
R0018095.jpg
R0018096.jpg
R0018097.jpg


CLD Vespa TECNICA 2 1956/1964(p159からp165より)

ベスパ初の角目(イギリスでは台形と言われているらしい)ライトが印象的ないかにも60年代なデザインですね。
これ以上の詳細は購入店のブログ「密林商會報」をご覧ください。ボクより店主Fさんが詳しいので。。。


*******

さて前置きが長くなりましてスミマセン!
いっしょに動かしてみましょう。


R0018053.jpg


おっと!そのまえに最近クラッチレバーの根本が緩んでたので、
増し締めします。


R0018056.jpg
R0018060.jpg


旧いベスパにはセルがありません。キックでエンジン始動です。


R0018063.jpg


まずは銀色の燃料コックのつまみを上に起こして、
黒いつまみのチョークを引き出します。


R0018065.jpg


そのときアクセルグリップのアクセルは閉じた状態にします。


R0018064.jpg


キックに足をかけ踏み込むとこのGLの場合、3、4回のうちでかかります。


R0018066.jpg


ちなみに走行後のエンジンが暖まっているときはチョークを引かず、
アクセルグリップをふかしてキックするとかかります。
また2速に入れてクラッチを切り思いっきり自走してスピードがでたら
アクセル拭かすと同時にパッ!とクラッチを離してエンジンかける〝おしがけ〟っていう手もあります。


R0018068.jpg


「タン、タン、タン、タン……!」2ストらしい勇ましい音をたて、
ひと月以上あけていたのに関わらず4回めでかかりました。問題ないですね。
かかったらチョークを元に戻します。

常にライトオンしてますが昨今のLEDとは比較にならないほどの微弱な灯火が。。。


R0018085.jpg


さぁ、シートに跨がってください。
ここからがベスパの醍醐味のはじまりです。

オートマではありません。マニュアルです。しかもハンドグリップギアチェンジ。
ある意味、走るための儀式かもしれません。
これが不思議な感覚。人間味がある機械の良さを感じますよ。


R0018069.jpg


これがニュートラル。エンジン掛けるときもこの状態です。


R0018070.jpg


クラッチレバーを手前にひき、クラッチを切ります。
切った状態で手首を時計の3時の方向から2時の方向くらいにあげると、
「ダーン!」と振動と音を響かせ1速にギアが入ります。


R0018072.jpg


次にアクセルグリップを時計の3時の方向から1.5時くらいの
3、4割くらいの拭かし状態でクラッチをゆるっと離すと動きだします。
意外にトルクフルなベスパなんで、思いっきり拭かしちゃうと平気でウィリーします。
(別のベスパでしたことあります)


走り出すとさすがに1速はエンジンブレーキが強いのである程度加速したら2速に替えましょう。
いったんアクセルを戻して、今度は握ったグリップを下げニュートラルを通過してチェンジしてゆきます。


R0018073.jpg


だいたい低速時は2速ですが、だんだん速度が増してきました。3速に替えましょう。
同じようにアクセルを戻し一度クラッチを切り、グリップダウンしてギアチェンジして
クラッチを戻しアクセルを加えてゆきます。


R0018074.jpg

R0018075.jpg


3速、4速のハンドルの状態です。

ギアチェンジのコツは速度に見合ったギアチェンジをすること。
低速なのに無理に4速にしたり、特にシフトダウンは完全停止してからギアチェンジは
故障の原因になるので避けたほうがいい。
停止時はニュートラルか1速でクラッチを切るのが望ましい。
もし間に合わなくて3速で止まったら、ゆっくり拭かし気味で3速のまま始動しましょう。


R0018051.jpg


今から60数年前の1951年、パリに近いモンレリーサーキットで125ccのベスパに乗る
テストライダーのディノ・マッツォーニが171km/hを出したという記録が残ってますが、
ちなみにボクのGLはそんなにでません(笑)40、50km/hでのんびりいきましょうよ。
でもどこかにその血統が見え隠れを思わせるような走りをしてくれます。(と思いたい)


R0018089.jpg


いい感じに走っているじゃないですか!

歯切れのよいエキゾーストノートが心地よいですね。
そして往時のイタリアに想いを馳せながら風を切って東京の街を駆けてゆきます(笑)
でもこの瞬間がたまりませんね!


R0018081_201407312047513a0.jpg


走ったら止まりますね。
右のレバーは前輪ブレーキです。使い方は自転車と同じ。


R0018083.jpg


後輪ブレーキは右足下にあります。効き具合は前より遥かに効きますが、
おもいっきり踏むと後輪がロックしてしまうので、まるべく前ブレーキとエンジンブレーキをつかい
速度を調整すれば安全に走行できます。いずれにしろスピードの出し過ぎはよくないですよね。


R0018093.jpg


最後に停まったらエンジンの止め方です。
右ハンドルにちいさい黒の押しボタンがあるのですが、
これをエンジンの音が静まるまで押します。「ブルルルゥ〜……」とあっさりと停止。


R0018142.jpg


たぶんfarwater さんかGreen Cherokee さんくらいしか反応してくれないと思いますが、
でも一度紹介したかった!

現代の最新のバイクやHV車も良いですが、こういったクラシックなものにこそ
実は人間の本来の愉しさを享受してくれるなにかがあるとボクは思います。
クラシックななかにモダンなものを見つけるのがボクのなかのテーマです。
それは中世から続いているフライフィッシングも同じですね。


と最後は強引にフライにまとめて次回はやはりフライの記事を書きますね。
ちなみにボクのGran LussoはこのVespa 150GL(Gran Lusso)から拝借してます。
長々とおつきあいください有り難うございました!

スポンサーサイト

TNK ハスMeetingに参加してみました 



日盛りのなかのオイカワ。いいですね。

R0017865.jpg



7月26日

梅雨も明け、あっという間に夏真っ盛り。気温もぐんぐん上昇。というか猛暑! アチ!アチ!
今日はGreen Cherokee さんに〝TNKのハスMeeting〟に同行させてもらう日。

楽しみにしてました!

さすがにいつものウェーダー穿きじゃ暑いだろうと
金曜にSUNSUIでリトルプレゼンツの『ウェットゲーター』を購入。
もう前日から仕事中もアタマんなかは〝ハスMeeting〟なのであります。

もうひとつのボクのなかのテーマがあって、〝TNKのみなさんにお会いすること!〟
猛者ぞろいのなか独り下手っぴが混じってぶっちゃけ気恥ずかしいですが、
みなさんの技量を拝見できるいい機会!楽しみです!

と、思いながらナシオさんのお車に乗り込み現地まで送っていただきました。
(ナシオさん、往復路の運転ありがとうございますm(_ _)m )


R0017833.jpg


10時過ぎに到着。

本日の参加メンバーはjetpapa さん、カチーフ さん、windknot さん、farwater さん、
Green Cherokee さん、ナシオ さん、mihiro さん、そしてBlue Heron 総帥。

jetpapa さんは早朝から始められて、いっぱい釣っちゃって休憩モード。
また対岸のほうでBlue Heron さんが立ちこんで釣られています。キャスティングのなんと美しいこと!

カチーフ さん、windknot さん、farwater さんも釣られていたんですが、
みんな揃ったということで、いったん集まってご挨拶。Green Cherokee さんを介して
初対面のご挨拶させていただきました。
(Green Cherokee さんいつも有り難うございますm(_ _)m )


R0017837.jpg


そしてみんな思い思いに釣り始めます。
始めるや否やみなさん、ハスやオイカワを次々にあげてゆきます。さすがですねー。

GLはなかなか釣れないでいるとカチーフ隊長にポイントを
譲っていただきキャスト(隊長、ありがとうございますm(_ _)m )!
そしてバイト!


R0017843.jpg


TNK参加初ゲットは大きなウグイ。………ハスじゃなかったのね。


R0017868.jpg


隊長はGLの横で次々に釣果をあげてゆきます。
なんなんでしょうか!このしなりっぷりは! Blue Heronのロッド恐るべしであります。

今度はjetpapa さんにご教授いただき、
なんでも釣りのインストラクターの資格を保持されていること。
「狙って釣りましょう」とアドバイスを受けつつ再度釣り始めます。
魚のいる筋に合せて流しましょうとのこと。


R0017847.jpg


数投後、きました!
いやー、的確なアドバイスなのであります。


R0017887.jpg


ケースには収まらない韋駄天くん。16cmはありますね。


R0017861.jpg
R0017859.jpg


追い星がものすごいことに。牙や棘のよう。


R0017878.jpg


無事ハスも釣れ、安堵の気持ちに。。。


R0017871_2014072712105412f.jpg


jetpapa さん、ありがとうございます!!m(_ _)m
そして前半終了。

昼食後に、後半は上流に移って再開しました。


R0017892.jpg


ハスのオスもなんとか釣れました。


R0017895.jpg
R0017897.jpg
R0017906.jpg
R0017915.jpg


14時半くらいからなんだか好調に。


R0017920.jpg


ナシオ さんもロッドをしならせハスを釣りあげます。


R0017917.jpg

さらにお化け韋駄天があがり。

R0017918.jpg

たまにはメス(2尾しか釣れなかった)も。

R0017924.jpg


圧巻だったのは、jetpapa さんの尺越えのハス。。。
自分のハスと記念撮影させてもらいました。


R0017928.jpg


このハスを最後に終了。内訳は忘れましたが18尾あがりました。
もう初めてにしては大満足です!


R0017905.jpg


Blue Heron さんともオイカワについてお話できることもでき、
「この川でオイカワ釣るとほかで満足しなくなるかも」と。


R0017926.jpg


帰り道、意外に道路が空いていてあっという間。
Green Cherokee さんに、GLさんのホームリバーになって「日々、ハス」になっちゃうんじゃないの〜と。
いやー、本当にまた行きたいですね!

楽しかった!ほんとうにTNKみなさんのお陰です!!


オイカワに会えた、会えない 



学校はもう夏休み。そして、たぶん明日から
関東も梅雨明けになろうかと。

R0017794.jpg


7月21日

昼間、うちでmihiro さんの「オイカワと遊ぼう!」を今日の記事を見ていたら、
型の良いハスや美しい韋駄天の写真にうっとり。

三連休最後の日。といっても休日出勤だったので、ゆっくり過ごせる今日、
川に行きたい気分になってしまいました。


R0017795のコピー


今は夏休み。ひとりも好きですが今回は長女を誘ってみました。
「エサ釣りならいいよ〜」って返事。気が変わらぬうちに車に乗り込み川へ向います。


R0017815.jpg


数年前にフカセ釣りでオイカワを釣らせて以来、毎夏にちょいちょいと川に連れていってるので、
いまでは自分でエサ替えも出来るように。


R0017793のコピー


水温19度。開始早々、アタリが。
大きく喜ぶことなく坦々とカワムツを見せてくれました。
昔は「釣れた!釣れたよ!」って大声出してたのに。成長するってこんなもんでしょうか。


R0017801.jpg


コンスタントにカワムツを釣り上げる長女。
そんななか「なにこれ?!」と声を出したので、彼女のもとへ行くと、


R0017799 のコピー


なんと韋駄天でした!黒と緑とオレンジの配色がとても美しいですね。


R0017805.jpg


型は10cmと小さめでしたが、追い星もしっかりあります。
なんか娘より父のほうが喜んでしまいました。
でも釣れて良かった! 〝これは父も続かなくては!〟と奮起しますが、


R0017824.jpg


釣れるのはカワムツ…


R0017825.jpg

R0017826.jpg


カワムツ釣れて、またカワムツ。
Green Cherokee さんお手製のフライ替えたところ、さらに爆釣状態に。


R0017811.jpg


父も娘もたぶんWツ抜けはいくんじゃないか、くらい釣れましたが、
オイカワはあの韋駄天のみ。なのでワタクシはオイカワ〝ゼロ〟…orz
前回はいい型がいくつも上がったポイントなんですが。


R0017809.jpg


動物好きな長女は韋駄天をしげしげと観察し、
ボクは娘の夏休みのいい思い出になったかな、と心がほっこりしましたが、
やっぱり韋駄天、いやオイカワ釣りたいなぁとため息してしまった一日でした…。

韋駄天に逢いたい 


きのうは猛暑といっていいほどのうだるような一日。
翌日、早起きしてみると意外にも涼やかな朝の始まりでした。

R0017666.jpg


7月13日


ほぼ2週間のあいだが空いてしまいました。
せっかくのこの時季に川に行かないのはもったいない。急遽、出かけてみることに。


R0017684.jpg


今回はGreen Cherokee さんと訪れた里川に。
パーキングを覗くとGreen Cherokee さんはいらっしゃってないよう。う〜ん、残念!


R0017667.jpg


ほどなく住宅路を下ってゆくと弛まなく湧水のながれゆくK川に。ステキですね。
教えてもらった入渓地に一歩を踏み出すと、やや?!、足下に良型の韋駄天がいるじゃないですか!
もちろん、サッ!と逃げてゆきましたが、期待感が高鳴ります。


R0017668.jpg


水温は16度。まずまずじゃないでしょうか。と、準備を終えて実釣というところで、
6、7人くらいの中学生か高校生くらいの男の子達がやってきて、わさわさと川に入ってしまい、
まぁ、街中だし、みんなの川だからしょうがないと思いつつ押し出されるように上流へ。
O川とK川の合流地から実釣開始します。(でもなんで6時前からこんなに来る?? のとも思いましたが…)

キャスト後、すぐにアタリが何度もあり、ほどなくして一尾。


R0017671.jpg


9cm。ちょっとかわいすぎますませんか。水の冷たさと湿気のせいでケースが曇ります。
“韋駄天よ、来い! ” と念じながら入投しますが、


R0017673.jpg

R0017679.jpg


かわいい子祭り〜。

夏のセール、プライスダウンやってます!ならぬ、
オイカワのサイズダウン!祭りやってるよ!みたいな(汗)8cmとか6cmとかが続きます。

ドライには反応は悪くないとは思うんですが、多分ちいっこい子ばかりがバイトしてるんでしょうね。


R0017674.jpg

R0017677.jpg


この子を最後に納竿。
1時間40分くらいで7尾くらいでした。

途中からコレはウエットかなぁと思ったんですが、うちの鋼ロッド(^^;) だと
先日のGreen Cherokeeさん愛竿・Blue Heron のようなティップの感触を楽しめないだろうなと、
(単にフライチェンジ面倒くさがったてのもあるんですけど。。。)
ドライで通して終了。


韋駄天は次回に期待!

そぼ降る雨とオイカワと 



すっきりしない天気が続きますね。この日の朝も小雨が降ったり止んだり。
そんな時、オイカワ達はどうしているのか気になっていつもの川へ行ってみました。

R0017530.jpg


6月28日

午前6時。露に濡れた草花が足下を濡らし、過度な湿気と霧雨が顔を濡らします。


R0017535.jpg


あたりは景色を隠すかのように白く霞みが覆い、耳元には無音のような静けさが。


R0017544.jpg


川は普段よりも20cmは増水しているようで、いつもの中州はほとんど水没。


R0017543.jpg


まずは本流横に盲腸のようなでっぱりのプールに魚の銀鱗を見つけたので、
そこから実釣開始。水温14度。下流から本流の流れが逆流して流れ込んでいます。
魚もいっしょに流れ込んでいるかもしれません。

まずは対岸の草の茂みの影が落ちているところへ入念にキャストします。


R0017540.jpg


なかなかアタリがでないので釣り下ります。
そうするとGreen Cherokee さんから戴いたフライに静かにポコっとオイカワが喰いついてきました。


R0017542.jpg


12cmくらいでしょうか。一発めとしてはまずまず。
しかしそれっきりアタリすらなくなってしまいました。


R0017552.jpg


それでは本題の本流へ向います。オイカワフライを始めるずっと昔からこの河原でよく遊んでいたので、
川底の起伏は手に取るように分かります。しかし、ただの雨とはいえ普段よりは増水しています。慎重を期して入水。

対岸の普段流れのない浅い水溜まりのようなところに流れが集まり、そこに魚の跳ねを確認。
狙ってキャストしてみます。一投めにアタリ!しかしフッキングせず。その後は全くアタリなし。


R0017556.jpg


仕方がないのでさらに釣り上がり、こちらも普段は鏡のようなプールで稚魚しかいないようなところへ。
最近のゲリラ豪雨のせいか、対岸が少し崩れているようです。
この茂みの影がおちているところにドライで流します。

手前に強い流れがあるのでなるべくメンディングを施して
ドラグがかからないようにしようと思いますが、あまりうまくできません。。。

しかし多少ドラグがかかっても魚がフライをおっかけます。よほど腹が減っているのでしょうか。
そして数投後、銀鱗を見せ弧を描くように喰い付いきました。
フッキングすると最初はゆっくり、そして重たくもぐぐっと走りはじめました。


R0017564.jpg


鮎でもかけてしまったのかなと思いつつたぐり寄せると、
韋駄天ではなかったが、婚姻色づき始めた14cmのナイス良型!


R0017560.jpg
R0017566.jpg


嬉しくてしばしオイカワ鑑賞。


R0017549.jpg


その後も11cmクラスが数尾ご挨拶。しかしほどなくしてまたもアタリがなくなり。
さらに雨が降り始めてきたので納竿。


R0017578.jpg


どうやら流心では増水の勢いに押されてしまい、
魚たちは岸近くの比較的に流れの弱いところに潜んでいるようでした。
鯉も岸近くの浅いところで泳いでいたりしてました。


R0017553_20140701022854fb5.jpg


いつもと違った世界感のなかで、数は少ないが良型を楽しめた雨の日の朝でした。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。