日々、オイカワ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | comment: -- | edit

in the beginning of... 



今日の走行でOdo 6000kmを超えた。

ボクが何人めのオーナーか知るよしもないが
イタリアで走ってた頃からを加えると
もっと遥かに遠い道程を稼いできたに違いない。


FullSizeRender.jpg


6月19日

ボクのヴェスパは1963年に製造された鉄のスクーター。
当時、大英帝国で The Beatles が最初のアルバム〝Please Please Me〟を発表したころだ。
細身のスーツに長髪という出立ちは世間から眉を顰められる異端児だった彼ら。


1024px-The_Beatles_and_Lill-Babs_1963.jpg
(wikipedia/ビートルズより:1963年,スウェーデンのテレビ番組で)

暁の薄明るくなる空の下、清々しい空気を存分に味わい、
〝Please Please Me〟を心のなかで口ずさみながら幾重にも湾曲するカーブを抜き進んだ。


IMG_2845.jpg
(photo: matt)


こころなしかヴェスパの2ストの勇ましい排気音が彼らの刻む
ブリティッシュR&Bのサウンドに聴こえてくるのはボクの戯言だろう。


IMG_2938.jpg


樹々が映り込んだ硬い鉄の車体と
早朝の淡いトーンの澄み切った空のコントラストが美しいなか
目指していた彼の地に午前4時半に到着。

ポケットから取り出した煙草を燻らせながら
徐にフライの準備を始めた。


IMG_2666.jpg


今季からの新しいロッド。

7' 6'' 8pcs.という仕舞寸法が32cmになる
ヴェスパのボックスに収めることが可能なロッドをBlueheron さんに作っていただいた。
作成するにあたり、うおさんのロッドUochang specialを参考とさせてもらった。


IMG_2652.jpg


' Le Petit Poisson et Gran Lusso '

SNSでも仲良くさせて頂いているマッキーさんのブログ「Zaccoと私」からインスパイアした文言で
ヴェスパGL(Gran Lusso)があったから、Zacco Fly Fishing を始められた。そんな意味が込められている。
ボクがヴェスパ乗りを知ってか知らずか、Blueheronさんのアイディアで
イタリアントリコローレの3色飾巻きが。粋な計らいだ。

──

3回目の釣行の今日はひとりで赴いたが、この新しいアイテムに命を吹込む最初の日は、
numassanGreenCherokee さん、うおさんに立ち会っていただいた。
そのときは3人の後押しのお陰で見事な今季初のハスに早々と出逢えることができた。


IMG_2662.jpg
(2016年6月4日/パートリッジのウイングのオレンジのウエットで26cmハス)


しかし今日は渋かった。ほとんどアタリも無く早朝から2時間以上やってウエットでハス1尾、オイカワ1尾。
午前7時すぎくらいに最近ここではおなじみのHさんがやってきて
相変わらずドライでやっている姿に触発され、ボクもウエットからドライにチェンジ。
そんなに大きくはないが元気のよいオイカワとウグイがこのロッドを撓らせてくれた。

なによりも今日の良かったこと。それは、Hさんとの楽しい会話。
陽射しを浴びた川の煌めきのように穏やかな眼差しでフライへの想いを語ってくれたあの表情。
貧果に渇き始めていた心を優しく癒してくれた。


IMG_2514.jpg


午前10時にヴェスパに跨がり帰路につく。天気が良いので何台ものバイクに遭遇した。
峠道を攻める現代の快適な鉄馬たちのなかに交じる鄙びたイタリアのシティコミューター。
正に60年代を駆け抜けて行った4人の異端児同様、颯爽と走る彼らから見たらGLも異端なんだろう。

連なるバイクとクルマのなかでクラシックな鼓動音を鳴り響かせ、
GLは初夏の風とともに山道を下ってゆくのであった。


スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。