日々、オイカワ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | comment: -- | edit

あの頃と今 



あたりの色彩が沈みはじめた夕刻どき。宵がせまってきた。

IMG_3536.jpg


7月17日

流れゆく川に立ちこんで街の埃りっぽさと違い澄んだ空気を背中に受けていた。
そして風の音と水の匂いを感じながらその心地良さを感じていた。

今季のボクはあまり釣れていない。輝く夏色に染まったオイカワに出逢えてないのだ。
案の定、今日もオイカワで竿を撓らすことをしていなかった。
そこにコンスタントに釣っていたmatt さんが見かねて自分の場所を代わってくれた。

ハスも狙えるようフックサイズ14番のウェットで挑んでいたのだが、
「終わったな。秋のような終盤の川になってる」と川に入るなり
明らかに魚が少なくなった状態を嘆いたmatt さんが
「ウエット小さいのある?」と訊いてきた。

「あるよ...去年巻いたのだけど」

「だめだよ。これあげるよ」

と、光沢のある赤いボディに斑模様の数本のウイングを茶色のスレッドで
しっかりと留めた18番のウエットを差し出した。

「ありがとう」

数日前の豪雨で本流に広い中州ができていつもの流れと違っていた。
「流れの中央にサンドバーがあるから、そこからのかけあがりについているよ」と、
教えられた通りに流すと可愛らしいオイカワが釣れてきた。

しかし釣れたところでピタッと釣れなくなってしまった。
「地合いなのか?」と言いながら等間隔で入っていたみんなは
その場を離れそれぞれ場所を替えて散っていった。


IMG_2761.jpg


どうしようか。あまり時間もない。

相変わらず清々しい空間に身を置いているにも関わらず、
今季はどうしてあまり釣れないんだろうと心のなかが欠け始めていたボクは
中州の反対側の本流で立ちこんでやってみることにした。

そして思い出した。ウエットを初めてやったときに
一緒にいたGreen Cherokee さんに教えてもらった言葉を。
「川に垂直にキャストしてラインがターンして伸びきって釣れなかったら数歩進む」と。
そのセオリーどおりに岸に向かってキャストした。

うおさんに「ラインのテンションを張っておくんだよ」と以前指摘されたのを思い出し、
余分な弛みを注意しながら調整して流していった。

そして数歩進む。

流れゆくラインを見つめ
また進んだ。

さらに進む。

ラインがターンし終わるくらいのとき、コツッと手元に伝わるものを感じた。
大きくはないが14cmくらいのオイカワが挨拶にきてくれた。
ようやく自分でオイカワの付いている場所を見つけられ、
それから続けざまに釣れるようになっていった。
釣れる度にあまり人には見せたくないが一気に顔が綻んだ。

夕暮れの静かに流れる時間とともに日中から遊んで日焼けした腕を
惜しまず振り続けキャスティングを繰り返す。
そして流れゆくラインを見つめる──



  どうしてこんなにオイカワが好きなんだろうか。

  数十年前の子どもの頃、今は亡き父に初夏の日差しのなか、
  どこにでもありそうな国産のセダンに幼きボクは期待と楽しみに胸膨らませ乗り込み、
  川釣りに連れて行ってもらった。休日にも忙しくて会えない父と出かけることは楽しかった。

  緑恵まれた郊外のとある可愛らしい名前のついた小学校に着きクルマを停めると、
  校庭を横切りその先にある草むらを抜けると鄙びた感じの小川が佇んでいた。
  まるで宝箱を開けたように子どもの頃のボクの瞳の中へと映り込んだ。

  河原に降り立ったそのときだった。
  目の前の浅瀬に悠然と泳ぐ翡翠のような輝く緑色の一尾のサカナを目にした。
  ハッとして息を飲んだことも覚えている。なぜだかすごく心が揺さぶられた。
  そのときは名前も知らなかったが子ども心に初めて夏色のオイカワに魅入られた瞬間であった。
 
  ああ、いまでもそんな透明な気持ちでいられているのかなぁ。



──そんな憶いに耽っているとやはりラインがターンし終わるくらいで、力強いアタリが伝わった。
竿を立てるとグンと引き込まれる力。一瞬、ハスかと思った。しかしその瞬間に勢いよく横に走り始めた。


13708427_1548938825415794_6491413442770215459_o 2
(photo: mihiro


本流の強い流れに乗って魚の引きが、先日Blueheron さんに作ってもらった愛竿に
大きくさらにきれいな弧を描いていく。寄せても寄せても姿を見せないがあきらかにハスの引きではない。
さきほどまで手にしたオイカワとも違う。

ようやく竿を立てきったところに揺らいだ水面から滲むようにあの翡翠色の緑が輝いた。

「夏色だ!」

幼少の頃の夏色オイカワに対する想いを馳せ、
いま手に伝わる力強い夏色オイカワの引きがボクの気持ちを引き締めた。
竿を弧に撓らせ川に浸かっているこの時間は誰にも侵されない自分だけの貴重な時間だった。


IMG_3532.jpg


このオイカワとのやり取りを存分に味わい、ネットに収まった瑞々しい魚姿を見た瞬間、
その色彩に富んだ婚姻色の色合いに体軀の隅々にいたるまで爽快な風が走り抜けていった。
さらに擦りへった心を癒される気持ちが溢れていった。

「まだ子どもの頃の透明な気持ちを持ち合わせているんだな」と少し自嘲しつつも
いまだに変わらずオイカワの奥深き魅力に心奪われていることを再認識した瞬間でもあった。

オスオイカワとしては17cmとそう大きくはなかったが今のボクには充分であった。
なぜなら子どもの時のあの時間に戻れたのだから。


スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。