日々、オイカワ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | comment: -- | edit

夏色を求めて 



水辺に見事に映える、夏色を求めて。

21.jpg


5月24日

前回の釣行でごいっしょさせていただいたNさんから出撃のお誘いをいただいた。
早朝のインレットへの発電所の放水よりも、その前から始めたいとNさん。なので午前3時まえに家を出発。
Zacco Flyなのに、ここまで本気か!という意気込みが小気味いいよね(笑)


R0021333.jpg


30分走ってNさんと合流。峠の街道を走り現地には5時に到着。
まだ放水は始まってない様子だ。鏡のような水面、ライズも散在、水面下には魚姿も見られた。

朝の静寂の空気のなか、とりあえず始めてみる。
ほどなくしてドライフライにバイト。しかしフッキングに至らなかった。
「ああ〜」と声を漏らしたが、その数分後しっかりとした手応えを掌に感じた。


2_20150606140318a8b.jpg


開始15分くらいで、22cmのハスを捕獲。自作の20番のパラシュートにて。


3_2015060614031739d.jpg


今春からようやく始めたタイイング。
これまたようやく初めてサカナを釣る。ちょっと感慨深いね。


6_201506061405419e1.jpg


次に移ったポイント。山合いに囲まれ静かでとても広々としたシャロー。
穏やかに流れる水面から突き上げるようにラインが伸びる。
早速、Nさんが28cmのハスをフッキング。彼のBlueheronが見事に撓ります。羨ましい。

今度はシャローからの流れ出しで、ボクのインファンテも撓ってくれました。
流心に乗ると相乗効果で格別の引き応えに。その魔力に心が奪われてゆきます。

25cmの力強いハス。Nさん印の鑑賞ケースに収まりません(笑)
その後もハスがポツポツと上がってくれました。

見事なハスを目の前に贅沢な話しなんですが、実は今日のボクのテーマはオイカワでした。
なぜって? 前回は一尾も釣ってません!なので、精神安定のためにもオイカワを!(笑)


8_201506061405405c9.jpg


開始3時間ちかくなって、ようやくようやくのオイカワ。


9_2015060614054092e.jpg


普段釣っている14cmサイズでもここでは丸々と肥えてどっしりとした魚姿。本当にクセになりそうです。
でもまだ夏色を纏った婚姻色のオイカワには出逢えてないのでした。

Nさんよりキャスティングをご教授していただきました。GLは手首が返ってしまっているようです。
そこで代わりにGLのインファンテでNさんがキャストを見せてくれた。
明らかにボクよりも飛距離がありしかもキャストが美しい。

実は着水先にハスのボイルが見られ、「キャス練してついでにハスも釣りましょう」って(笑)
高速リトリーブすると(このときはニンフを装着していたんですが)確かにハスが追ってきます。これは楽しい!
キャス練には最適な場所かもね、ここは。練習しながら結局2尾も釣れてしまいました。


16_20150606142059a48.jpg


今度はインレットを遡り、本流でのドライ。


17_2015060614205856a.jpg


Nさんは夏色の韋駄天オイカワを既に何本も。
GLはまだなんだよなぁ。なんとか一尾は釣りたいなぁ。。。


18_20150606142058183.jpg
(photo:Nさん)


上流で釣ってたGLを手招きして呼ぶNさん。
どうやら婚姻色のオイカワが群れているのを見つけたみたようだ。
すでに彼のケースは見事に夏づいている(驚)


19_201506061423172c0.jpg


ヤツらはこんなふたつの置き石の間を行ったり来たりしてました。
特に右上流の石に木々の影が落ちているところに居着いている。

「さぁ、婚姻色オイカワを釣ってください!」とポイントを譲っていただきキャストを始めるGL。
大型は特に気配に敏感。うまくポイントにキャストしなければなりません。

なかなかうまくフィーリングゾーンに流せません。自分のもどかしさに心が負けそうになりはじめたころ、
ようやく大きな飛沫がパシャと出ました。

「おお、デカい!」と声援を上げてくれるNさんに後押しされ、釣り上げたのは意外にも……。


20.jpg


やっぱりハスでした(笑)しかも25cmの薄いピンク色と緑色を帯びた婚姻色のオスのハス。
どうも今日のGLはハスづいていますね。

そうこうしていると午後から用事があるので、引き上げ時間が迫ってきました。

最後の最後にキャストです!
そうするとどっしりした手応えが…。


23.jpg


ラストに来ました。17cmのオスオイカワ。嬉しい!
でもね、スレでしたよ(^^;)
瀬を左右にびゅんびゅんと往復して正に韋駄天の如く走るヤツがいるなぁと思ってたら、
どうもヤツのほうから背びれあたりにひっかけちゃったみたい。


24.jpg

でもね、
17cmのオスのオイカワ
25cmのオスのハスを並べてみた。

美しいですね。
探していた夏色がここにはありました。かなり満足です。

もう心浮き立つ季節が到来したんですね。
Nさんごいっしょさせていただき有り難うございました。
また近いうちに行きましょう!次回もよろしくお願いしますね!

スポンサーサイト

コメント

素晴らしいです。
こういったフィールドを探していますが見つかりません。
名古屋ハスは何処?

NさんとGLさんと、ベストコンビ ヨダレを垂らしながらソコ、ソレ、ウヒウヒなんて言葉が自然に口走って堪能している姿が見え見えで半分羨ましいですよ。
僕も負けずに今日もフィールド探索に行ってきます。

jetpapa #- | URL | 2015/06/07 05:58 * edit *

jetpapa さん、こんにちは!
どこかで覗かれていたんですか?!、っていうくらい我らの姿を見抜いてますね(笑)
韋駄天も青不動もばっちりお目見えな季節が到来しました。
名古屋でも見つかるといいですね!フィールド探索のご武運をお祈りしてます(^^)

Gran Lusso #- | URL | 2015/06/07 09:10 * edit *

Gran Lussoさん、おはようございます。
お見事なハス、そして、インファンテの撓りも・・・、本当に素晴らしいです!! 
先日はご一緒させて頂き、本当にありがとうございました。もうすっかり楽しませて頂き、既に、中毒患者状態です・・・ (^^ゞ
またご一緒くださいね!!

Green Cherokee #- | URL | 2015/06/07 09:20 * edit *

Green Cherokee さん、こんにちは!
こちらこそ先日はご一緒ありがとうございました。
しかもGreen Cherokee さんのご愛車XJにまで乗せていただきまして(^^)
この魔の川を訪れた者は必ず中毒になりますね! でも仕事行く前に行っちゃだめですよね(笑)
今度はぜひとも韋駄天を釣ってくださいね!また行きましょう。楽しみが増えましたね!(^^)

Gran Lusso #- | URL | 2015/06/07 09:30 * edit *

こんにちは。
ハスの当たり日だったのですね。
僕は、好きですよ!ハス。
こちらでは、本流にしか居ませんが、サクラ用のフライに掛かる事も有ります。
梅雨が明ければ、こちら特有のシロイロカゲロウのハッチが始まります。これを狙った、ハスとワタカのライズは、凄いですよ。

kuma #9enIUaYc | URL | 2015/06/08 17:11 * edit *

kuma さん、こんばんは。コメントありがとうございます。
そうなんですよ。この日はことごとくハスづいてました(笑)

ハスって豪快さと繊細さを持ち合わせている、
ソフトハックルをがんがん引いてリトリーブするとおっかけ、
20番の小さナドライフライもバイトする〝へ〟の字グチの面白い魚ですよね。
kuma さんもぜひハス釣りにされてくださいね!

Gran Lusso #- | URL | 2015/06/08 23:08 * edit *

Gran Lussoさん、こんにちは。
先ずは自作のパラシュートでのハスゲット、おめでとうございます。
自作フライで釣った気分は格別でしょう。
さらにハス連発に良型オイカワも!素晴らしい。
このフィールドはいいですね。
実に開放的。
気分爽快なこんなZacco FFは最高ですね。

numassan #- | URL | 2015/06/09 12:17 * edit *

numassan、こんにちは! いつもコメントありがとうございます。
いままでコマーシャルフライ使ってましたが、
自分でチョイスしたハックルで作るフライでサカナを釣る。
これが本来のフライフィッシングの姿だったんですね。
でも難しいですね。こんなんで釣れるのかといつも心配してしまいます(笑)

Gran Lusso #- | URL | 2015/06/10 09:06 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://granzacco.blog.fc2.com/tb.php/42-970a9473
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。