日々、オイカワ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | comment: -- | edit

オイカワに出会う夏旅 



街のなかを滔々と流れる里川にはすばらしい出会いが待っていました。

R0017453.jpg


今回、急なお誘いにも関わらず「愛しき身近な里川と自然」の筆者である
Green Cherokee さんに快くホームリバーを案内していただくことに。


R0017454.jpg


雑魚を愛し、愛車であるチェロキーを愛し、なによりこの里川を誰よりも愛されているGreen Cherokeeさん。
オイカワフライ初心者であるGran Lussoの為にいろいろご教授いただきました(申し訳ない!!)


6月21日

午前4時45分、拙宅を出発。朝の空気を裂くように急いでスクーターでGreen Cherokeeさんの御宅に向います。
5時過ぎに到着。初対面の挨拶を済ませGreen Cherokeeさん愛車の緑のチェロキーに乗り込みます。
実はボクも今年の3月まで18年間チェロキー乗りでした(しかも緑!)

なんでしょう、このオイカワ好き + チェロキー好きの男ふたり。
打ち解けることに時間は要りませんでした。Green Cherokeeさんの運転するチェロキーは血の通った軀の一部。
なにか一体感を感じつつ街中を駆けてゆきます。窓から流れてゆく風がとても心地いいです。
そうこうしているうちにK川に到着です。


R0017447.jpg


Green Cherokeeさんからウェットで釣ることを勧められ、
ご愛用されているオイカワネットに、さらに愛竿のBlue Heronロッドをお借りしました!(申し訳ない!!)
憧れていたBlue Heronさんのロッドに触れることができました。嬉しいです。

この竿、なんとしなやかなんでしょう。と、感触を愉しんでいるうちに〝コツ、コツ、ブルブル〟とアタリが。
いとも可愛らしいオイカワが次々と上がります。活性の高い川に驚きです!


R0017449.jpg


ウェットでもドライでも反応は高し。溜めの時間を作る暇なくアタリがあります。
そしてGreen Cherokeeさんに更なるポイントに案内され、
またウェットで挑戦です。


R0017456.jpg


子どもの頃、のべ竿で毛鉤やあんま釣りはやったことがありましたが、今回、人生初ウェット。
ドライは魚のアクションをドラマチックに垣間みることができる愉しさがありますが、
ウェットは釣りという本来の姿を体感する愉しさを感じられました。ハマリそうです。


R0017462.jpg


一投一尾のように、ご挨拶してくれます。


R0017465.jpg


そしてさすがだったのは、案内役に徹していただいたGreen Cherokeeさん。
Gran Lussoのサポートをしながら僅かながらの合間に、韋駄天です!
しっかりと追い星の出た黒顔の韋駄天を見せていただきました。


R0017467_201505100922451b0.jpg


「韋駄天、釣ってくださいね!」というGreen Cherokeeさんの応援に乗せられ、
あきらめずにひたすらポイントに流します。そうするとまたアタリが。

今度はカワムツ?ちょっと重めなゆったりめのかかり具合。
でもこの瀬でカワムツはないよな〜と思っていたら急に大きく左右に走ります。
上げてみるとやや黒みが足りないですが韋駄天じゃないですか!

後方で見守ってくれたGreen Cherokeeさんからも喜んでくれた声が聞こえます。
これはこの釣果を見ていただこうと、お借りしているオイカワネットに収めようアタフタしていたら、

「ポッチャン…」  

なので写真はありません(残念)


R0017469.jpg


その後、Y川も案内していただき、しかも欲張って釣る始末(笑)


R0017471.jpg

K川のポテンシャルの高さを感じつつGreen Cherokeeさんの懐の深さを感じる今回の釣行でした。
Green Cherokeeさん、本当にありがとうございました。

オイカワに出会う夏旅はまだまだ続きます。。。

スポンサーサイト

コメント

Gran Lussoさん、おはようございます。
昨日は我がHome Riverまでお越し頂き、ありがとうございました。本当に楽しい釣行になりました!!
魚の型はいま一つでしたが活性は高く、GLさんには韋駄天さん一尾を含め軽くトリプルツ抜け近くの魚達とご対面頂け、ガイド役としてもホッとしました。 (^^ゞ
何だか初対面とは思えなかったですよね。『初めまして』の直後に、『ところで・・・』といきなりブログやメールの続きの話で盛り上がり・・・、しかも、お互いの共通点がたくさんあって驚きました!!
ZaccoとXJ Cherokeeをこよなく愛するGLさんと知り合えて良かったです。今後もたくさん楽しい釣行にお付き合いくださいね!!
追伸)ベスパGL・・・めちゃくちゃカッコ良かったです!!

Green Cherokee #- | URL | 2014/06/22 05:35 * edit *

はじめまして&こんにちは^^

ぐりちぇろさんのところから参りましたfarwaterと申します。

ベスパいいですね~^^。中学のころから憧れていました^^。
当時ベスパは30万円くらいしてたような記憶がありますが、
高校生になって、私の初めての愛車はヤマハのパッソル。
VANとMen's Clubのステッカー貼って乗ってました(笑)。

そしてまた過去の愛車がグリーンのチェロキーだったとか!?
不思議なご縁ですね…。しかし、騒音と揺れに燃費を使う車に
よく18年間もお乗りになってましたね…(笑)。
チェロキー乗りに悪い人はいないというのは、存じておりますので、(私も車好きです)
今後ともよろしくお願いいたします。m(_ _)m

farwater #- | URL | 2014/06/22 16:30 * edit *

> Green Cherokee さん

すでに釣行後、お互いにメールで挨拶しているので重複してしまいますが、
土曜はおつかれさまでした! 本当にありがとうございました!
初対面とは思えぬ打ち解けた空気感!街中ではあり得ないK川の希有な存在感!
そして変わらぬチェロキーの横揺れ感!(笑)

でも大丈夫。ボクはチェロキー・サポーター。
Green Cherokee さんの緑のチェロキー、応援しますよ!
韋駄天も一瞬挨拶してくれたし、正直楽しかった!また行きましょう!

Gran Lusso #- | URL | 2014/06/23 08:35 * edit *

> farwater さん

こちらこそはじめまして、こんにちは。
拙ブログにコメントありがとうございます。

学生のボクは、ブリティッシュ・ビートやR&B、ソウルミュージックといった音楽が大好きだった影響で当時スモールボディのベスパをバイトで貯めたお金で買い、それで通学してました。
そして40を過ぎて、振り返りたくなるんでしょうか。またベスパと出合うはめに。そういう若しときの想い出ありますよね。farwater さんはアイビーボーイだったんでしょうか? ボクもVANのピーコート着てベスパ乗ってました(笑)

Green Cherokee さんからfarwater さんのお噂はお聞きしております。今度、貴ブログにお邪魔しますね。こちらこそ今後とも宜しくお願いします。ありがとうございました。

Gran Lusso #- | URL | 2014/06/23 08:53 * edit *

度々、失礼します。
…英国ということは、モッズ系ですね^^。
私は、ご指摘の通りアイビー系からベスパに入った感じです。
貴殿のベスパ、1963年製だそうで、私と同じ歳ですよ!
Gran Lussoさん、相当な車好きと拝見しました!

farwater #- | URL | 2014/06/23 09:48 * edit *

> farwater さん

お察しのとおりでございます。学生の頃に一時、モッズ系に憧れてました。
映画『さらば青春の光』で劇中の主人公がベスパを捨てて大人になってゆくという話があります。
大人になって、オイリーボーイ( 白州次郎じゃないですよ、“老入るボーイ”(笑))になったら、
また乗りたくなっちゃった、なんて。

farwater さんはベスパ乗られてたことあるんですか?
もしそうなら今度お話聞かせてくださいね。
コメントありがとうございます。

Gran Lusso #- | URL | 2014/06/23 21:01 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://granzacco.blog.fc2.com/tb.php/8-af5c61a5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。